衆議院議員 神田けんじ

終戦記念日にあたって党声明

公開日:

我が国の終戦記念日にあたり、国土を護り散華された英霊に尊崇の念を以て哀悼の誠を捧げるとともに、御遺族の皆様のご健勝を心から祈念申し上げます。

本日は心閑かに御霊に感謝の思いを捧げる一日です。北名古屋市および愛知県の戦没者追悼祈念行事に参加いたします。

我が自由民主党は、英霊の御犠牲のもとに建つこの国を、平和のうちに永久に繁栄させる責務を負っております。
以下は、自由民主党が終戦記念日にあたって、政党として有権者の皆様にお誓いする言葉です。
私たちの平和への約束と願いを、御高覧くださいましたら幸甚です。

終戦記念日にあたって
党 声 明

平成27年8月15日
自由民主党

本日、70回目の終戦記念日を迎えました。先の大戦で犠牲となられたわが国並びに全ての国の英霊に対し、謹んで哀悼の誠を捧げるとともに、二度とわが国は戦争への道を歩まないと強く決意いたします。

わが国は、戦後70年間、平和外交努力を進め、国際社会の一員として世界の平和と安定に大きく貢献してまいりました。この歩みはこれからも決して変わることなく、今後も国際協調主義に基づく「積極的平和主義」の下、アジア太平洋地域をはじめ世界の平和と安定のために、不断の努力を続けていかなければなりません。

また、国際情勢が複雑に変化する中、平素からの備えを万全にし、国民の命と幸せな暮らしを守り抜かねばなりません。現在、そのための切れ目のない平和安全法制が国会で審議中ですが、国民のご理解が深まるよう、丁寧に進めてまいります。

わが党は、平和と自由を愛する国民政党として、先人が築かれた「平和国家日本」を次の世代に引き継いでいくとともに、わが国が世界から信頼される国家であり続けるために、全力を尽くしてまいります。

以上