衆議院議員 神田けんじ

インターン生による小里川ダム視察

公開日:

2月より4人のインターン生が事務所に来てもらっています。

政治の現場や公共事業の重要性を肌で感じ取ってもらいたいと思い、国土交通省庄内川河川事務所の皆様のご協力のもと小里川ダムの視察を行いました。

インターン生による小里川ダム視察風景

名古屋大学工学部4年 佐藤俊介

神田議員事務所でインターンをさせて頂いてる名古屋大学工学部4年佐藤俊介です。自分の専門分野とは違う政治という世界を肌で感じることができ、貴重な体験をさせて頂いております。

生でダムを見たことがある方は少ないのではないでしょうか。自分もその一人でした。まずダムを目の前にしたとき、その巨大さに鳥肌を覚えました。これほど巨大な建造物を作り上げる人の知恵に驚きを隠せませんでした。今回は放流している場面は見ることが出来なかったのですが、迫力は十分伝わってきました。まさに百聞は一見に如かずとは、このことだと思いました。この迫力に惹かれダムマニアとなる方がいるそうなんですが、今回の見学でその気持が分かったような気がします。「そうだ、ダムへ行ってみよう」と思われた方は是非足を運んでみて下さい。

中京大学1年 澤田光史

神田憲次事務所でインターンをさせて頂いている中京大学1年澤田光史です。

私は、今回の視察でダムを初めて見ましたが想像以上に大きく、特に下からの眺めは圧巻でした。国土交通省の方々に一般の人では入れないとこまで見せて頂き、とても貴重な体験をすることが出来ました。ダムはただ水を貯めるだけでなく、水の流す量を調整し氾濫を防いだり、発電をしたりと日々の生活に欠かせない大切な役割があることを勉強させて頂きました。今回の視察でダムの必要性を学び、ダムの存在を間近に感じることが出来ました。ダムに魅了されダムマニアと言われる方々が、ダムの虜になる気持ちが分かったような気がします。最後に、私達にこのような貴重な体験をさせて頂き感謝しております。

南山大学2年 鴛海ひかり

神田議員事務所でインターンシップをさせて頂いてます南山大学2年鴛海ひかりと申します。よろしくお願いします。

国土交通省庄内川河川事務所の方に岐阜県恵那市にある小里川ダムを見学させて頂きました。普段、一般人が入ることが出来ない管理室やダムのゲートを実際に自分の目で見ることによってダムがどれだけ生活に欠かせないものだと実感しました。

また、他のダムと違いダムの中や上が開放されており地域の人々と直接関わりをもてる素晴らしい空間でした。ダムの上から見る景色は壮大なコンクリートと周辺の自然林が絶妙なコントラストを生み出していました。この景観は人口と自然がマッチして創出されており、四季折々で景色が変わることにとても魅力を感じました。秋頃の紅葉の景色が綺麗だと伺ったので見に行きたいです。

庄内河川敷、小里川ダムの方貴重な体験をさせて頂き有り難うございました。

南山大学経営学部経営学科1年 伊藤杏子

はじめまして。神田憲次衆議院議員のもとでインターンシップをしている南山大学経営学部経営学科1年、伊藤杏子と申します。宜しくお願いします。

国土交通省中部地方整備局庄内川河川事務所の方の提案で、岐阜県恵那市にある小里川ダムの見学をさせて頂きました。小里川ダムは2004年に完成した比較的新しい多目的ダムです。恥ずかしながら私は今までダムに行ったことがなかったので、前日からワクワクしていました。

まず国土交通省の方が小里川ダムの概要を説明して下さいました。ダムと言えば水を貯めるだけというイメージがありましたが、実はそうではなく、下流の川に流す水量をコントロールし水害を防止したり、水力発電を行ったりしているそうです。実際にダム内を見学した際には、事細かに施設を説明して下さいました。帰りには小里川ダムのダムカードも頂きました。これを機会に集めてみるのもいいかもしれません。今回の視察では一般の方は入れない場所まで入ることができ、貴重な経験をさせて頂きました。